What an Interesting World

日々の気になるトピックについてあれこれと役立つ情報を提供するサイト

NHK 「チコちゃんに叱られる!」完全ガイド おもしろいチコちゃんの語り口や表情に注目


いつの時代でも「雑学」をテーマにした番組作りは定番で多くのフォーマットを生んでいますが、この度NHKでパイロット版のような位置づけで放送された第一弾「チコちゃんに叱られる!」(初回17年3月24日放送)がおもしろかったのでその完全ガイドをご紹介。メインMCを務めるチコちゃんの正体やチコちゃんの暴れ振りに大注目ですね。あなたはチコちゃんの問いかける素朴な疑問に答えられますか?

一応、コチラの番組は「バラエティ、クイズ」という風にカテゴリー分けされていますが、出演者のナインティナイン岡村隆史さん曰く、「イメージしていたクイズと全然ちゃう。」

というのも唐突に番組進行役であるチコちゃん(5歳)が投げかける日常生活の雑学的な疑問に解答者が答え、間違っていると番組タイトル通りチコちゃんに「ボーっと生きてんじゃねーよ!」と叱られるというものなんです。

ちなみに第2弾放送についてはコチラの記事をどうぞ。NHK 第2弾「チコちゃんに叱られる!」が遂に放送。チコちゃんがプチ整形?

※2018年4月13日よりNHK総合テレビで毎週金曜(19:57~20:42)でレギュラー化が発表されています。レギュラー放送初回は4月13日ということで、どんどん更新されていく情報もアップデートしていきます。

スポンサーリンク

チコちゃんとは?

番組MCを務めるチコちゃんは身長156cmの岡村隆史さんよりもちょっと大きな着ぐるみで収録スタジオをかなり自由に動き回ります。声はよくある「天の声」で当てているスタイルです。

こちらが第2弾以降の新デザイン。NHK チコちゃんに叱られる! 第2弾 チコちゃんの顔

以降は今では貴重な初回版からの画像になります。

動き回るのでこんな事も。疑問に解答中の岡村隆史さんにあからさまにカブっていきます。チコちゃんに叱られる! 岡村隆史さんにカブっていく01

チコちゃんのコロコロ変わる表情にも興味が惹き付けられますね。チコちゃんに叱られる! 指を差すチコちゃん

こんな感じで目を閉じてみたり。チコちゃんに叱られる! 目を閉じるチコちゃん

こんなしかめっ面も。チコちゃんに叱られる! しかめっ面のチコちゃん

ちなみに好きな食べ物はタコさんウィンナーじゃなくて「粗挽き」だそうです。あとは粒マスタードがあればOKとのコト。チコちゃんに叱られる! 粗挽きウィンナーが好きなチコちゃん

スポンサーリンク

ちなみに、オープニングで使用されていた曲はコチラの「カリキュラマシーン」からです。子どもたちの歌う歌声が特徴的ですよね。

見ていただいた画像だけでも非常に多彩な表情にコロコロと変化していくのが分かると思うのですが、スタジオで収録されている時はどんな感じになっているのかは想像がつきません。

スタジオでは固定された表情の着ぐるみで収録を行って、顔の表情部分だけを後から高度なCG処理を施しているんでしょうか。

収録中にゲストの大竹まことさんがチコちゃんの頭を指先で小突いて「痛い。」と声を出すシーンがありましたが、チコちゃんの頭は結構硬めだと思われます。後述のTGC(東京ガールズコレクション)のランウェイに登場した際のデザインが採用されているのでは?とも推測できますね。

チコちゃんの疑問を解説するVTRが流れている間はチコちゃんは指定席であるピンクのリップ型ソファに座っているのですが、小さなワイプの中のチコちゃんの表情もコロコロと変わっているんですよね。

そんな所からもかなり細かい仕事がされているのが分かります。

着ぐるみの中身については不明ですが、肩の位置が横に並んだ岡村さんよりも低い位置にありますよね。

番組中ではかなり自由に動き回って片足立ちなんかも披露してますので、中の人はかなり経験を積んだスーツアクターさんなんでしょうか。

プロミスのCMで出てきたような動く全身タイツの人間にプロジェクションマッピングを当てるみたいな技術であればすごそうですが、画面を通して見る限りは、かなり綺麗に表情が描かれていましたので、後付けで高度なCG処理を施していると思われます。

その辺の事情については番組制作の水高プロデューサーから「秘密」ということになっています。

第11回放送ではチコちゃんのCGを作成しているチームの作業工程がチラッと映るという場面もありましたね。また、ゲストで出演したYOUさんがチコちゃんの顔をペタペタと触るというシーンがありましたが、「あんまり触るとね、ちょっとコンピューターグラフィックスがやりにくくなるやめて。」というチコちゃんのダメ出しも。

ちなみに動く対象に直接プロジェクションマッピングを施す、ダイナミックプロジェクションマッピング技術の最先端はかなりのレベルにまで達していて例えば、

この技術は東京大学で開発が進んでいるものですが、各国のメディアから取材依頼が舞い込んでいるようですね。

こんな技術が研究室レベルから実用化されると、NHKなんかでは真っ先に取り入れそうなイメージですね。

リアルタイムでCG処理した着ぐるみのキャラクターが動くとか非常に未来的な子ども番組もそのうち放送されるような時代が来るかもしれません。

スポンサーリンク

番組の基本的な流れ

番組の流れとしては、

チコちゃんがレギュラー解答者に対して、

「食生活がキチンとしてそうなのは誰?」

「この中で一番みんなから愛される人気者は誰?」

という質問をレギュラー解答者であるナインティナイン岡村隆史さんに投げかけ、

それを受けて岡村さんが解答者を指名し、チコちゃんが本題である疑問を改めて投げかけるというのが定番の流れ。

後の項目で全リストを掲載している通り、チコちゃんの疑問は一言で説明がしにくい、漠然とした質問であることが多いので大抵の解答者は「いや。そんな事聞かれても。」と言葉に詰まるというリアクションになるのがいつもの光景ですね。

疑問に答えられないか、適当な答えを返すものなら、番組名にもなっている通り、「ボーっと生きてんじゃねーよ!」という言葉と共に顔だけ巨大化して真っ赤になったチコちゃんに叱られます。顔から湯気まで吹き出して大激怒ですね。※後述

そして、チコちゃんが正解を発表します。

とは言ってもチコちゃんの発表する正解だけではすんなりと理解できないものがほとんどで、正解を聞いた解答者がさらにキョトンとする光景が常です。

そこで改めてVTRによって詳細を解説します。権威のある専門家が解説役として登場するのが定番ですね。冒頭には「チコちゃん、よく知っていましたね~。」とお褒めの言葉があるのがお決まり。

VTR中のナレーションを務めるのはベテランのNHKアナウンサーである森田美由紀さん。森田さんのナレーションは毒っ気のあるテイストになっていますので番組の魅力の一つ。

VTR終わりには解説を務めた方からチコちゃんに一言あって、それにチコちゃんが返す形でVTRが終わります。

さらにアシスタント役のNHKアナウンサー塚原愛さんが必要に応じて補足情報を加えていき、最後に「諸説あります」という断りの一言と追加の補足情報が表示されて一段落。

顔を真っ赤にさせた状態で思いとどまって、答えが出そうな様子の解答者に解答の続きを聞くというアクションを見せる場合もあります(レギュラー第3回)。

チコちゃんのプロフィール

名前:チコ ※現状では苗字が「チ」で名前が「コ」、フルネームがチ・コという設定です。

年齢:永遠の5さい(干支はチコ年)

住まい:港区・白金(自称:チコガネーゼ) 山手線の内側生まれ

好きな食べ物:あらびきウィンナー(粒マスタードあり)、カキ(厚岸のカキ、カキごはん)、こんにゃくは割と好き(バター醤油炒めが特に好き)

好きなタイプ:横浜ベイスターズの筒香選手、佐藤健もちょっと気になる?

口癖:「ボーっと生きてんじゃねーよ!」「答えられて当然だよね?」

プチ整形の経験アリ

ポン酢には追いガツオをする派

東京生まれの東京育ちのようですが、喋り方は時々、関西弁。

プロフィールについてはこれまでの放送回で自らチコちゃんがちょっとずつ補足していますね。

例えばポン酢に追いガツオ派や好きなタイプにはレギュラー第1回に出演した佐藤健さんが加わっているような感じです。

好きな昔話は金太郎、寝相は頭と同じで扇型(レギュラー第4回)

水着NG、海外NG、3日以上の泊まりNG。でも写真集出版の夢あり(レギュラー第4回)

好きな刑事ドラマは「噂の刑事トミーとマツ」(レギュラー第5回)

CG担当の中野さん次第では二重まぶたにもなれる。料理は得意で自分の名前入り包丁を持っている。カレーライスを食べる時はらっきょうも福神漬けも使わない派(第6回)

苗字は木村ではなく、謎と言う設定。チコちゃん曰く「苗字はちょっと置いときましょうかね。う~ん。色々ね今後の展開で変わっていく可能性があるから。」とのこと。現状では苗字が「チ」で名前が「コ」(第7回)

好きなサッカー選手はロベルト・バッジョ。好きなフランス料理はクロックムッシュ。今食べたいものを聞かれて「まぐろにウニのせたい」というグルメぶりを発揮するチコちゃん。(第9回)

好きな曲は「オジャパメン」。(第10回)

ちなみにカバー曲である「オジャパメン」の原曲と言われるのが恐らくこちら。

6月22日(?)がチコ記念日、視力は不明ながら目は良いほう(第11回)

解答者から知識外の質問を逆に返された場合には「チコちょっと眠い~。」という一言で逃げる場合もあります。

テレビ番組の作りに関してもかなり造詣が深く、NHK 第3弾「チコちゃんに叱られる!」2017年12月27日 三発目からが本当の数字(視聴率)

ドラマ同様、三発目からが本当の数字(視聴率)という大人な話題も。

また、大竹まことさんが出演された特番第3回放送では画面右端の立ち位置(MC席から一番遠いため末席)について「振らなくてもしゃべってくれる位置」という説明をしたりしています。

チコちゃんの語り口は5才という年齢設定もあってかなり「小生意気」。手を振る田中美佐子さんに対して失礼なこんな発言もありました。チコちゃんに叱られる! 小生意気なチコちゃん

また、収録が行われているスタジオ内にはパーティションに区切られた場所に収録の合間にチコちゃんが待機する場所が用意されているらしく、特番第1回では茶色いパーティションに区切られたスタジオ内の一画が岡村さんによってバラされるという場面もあり、チコちゃんが必死に隠そうとしてましたね。

チコちゃんは機材と一緒に搬入口から入ってくるらしく、機材扱いであると自身で明かしています(レレギュラー第3回)。

チコちゃんのゲストの呼び方全集

ゲストに対するチコちゃんの呼び方も独特で、

特番第1回にゲスト出演した茂木健一郎さんに対しては「脳科学!」と呼んでみたりと言いたい放題です。

特番第2回にゲスト出演だった石原良純さんに対しては「都知事の息子」呼ばわり。

特番3回、レギュラー第7回(再現VTR出演)のかたせ梨乃さんに対しては一貫して「りの姉」ですね。

特番第3回、特別編に出演された大竹まことさんに対しては「シティボーイズ」「シティボーイズのおじさん」なんて呼びかけもしてますね。

レギュラー第2回に至っては大竹まことさんに対して「シティシティボーイズ」というトリッキーな呼び名も披露されています。

ニューヨークで生まれ育ったモデルの河北麻友子さんに対しては「ニューヨーク」、滝藤賢一さんには髪型から「クセっ毛、ひじきヘア、パーマ」と散々な呼び方(レギュラー第4回)。

今の所一番失礼な呼び方が滝藤賢一さんに対してですねw

元宝塚歌劇団の紫吹淳さんに対しては「歌劇団」と呼びかけています(レギュラー第5回)。

ゲスト2回目の田中美佐子さんには「ミチャミチャ」という呼び方、夏菜さんには「なっちゃん」となっています(第7回)。

天野ひろゆきさんには「天野っち」という割とスタンダードな呼び方(第8回)。

京都出身の安田美沙子さんには芸人のひょっこりはん風に「はんなりはん」という呼び方で、北斗晶さんにはプロレスラー時代のキャッチフレーズ「デンジャラスクイーンのプロレスラー」という呼び方(第10回)。※はんなりはんについては(京美人)という説明のテロップが付くパターンもありました。

YOUさんには「FAIRCHILD(フェアチャイルド)のおばちゃん」、ココリコの田中直樹さんには「ココリコボンバー」(第11回)。※共に由来は過去の所属バンド名や過去のコンビ名からですが、正確にはココリコボンバーズですね。

スポンサーリンク

チコちゃんのプチ整形、新旧デザイン

ご紹介したプロフィールにはプチ整形の経験アリと記していますが、

既に冒頭でご紹介しておりますが、こちらが第2弾以降の新デザイン。現行のデザインになりますね。NHK チコちゃんに叱られる! 第2弾 チコちゃんの顔

旧デザインの初回放送の映像が流れる場合はCG処理が新デザインにやり直したものに差し替えになっていますね。

番組内でも実際に「プチ整形」という説明になっていました。ギャグのようにチコちゃん自らがそうコメントしていたのですが、デザイン上の問題があったのではないかと推測されますね。

元々初回放送のデザインが奈良 美智さんの有名なキャラクターにかなり似ているという印象が強かったのでこの辺の事情なんでしょうか。奈良美智 ドローイング作品集 YOSHITOMO NARA NO WAR!

奈良美智 ドローイング作品集 YOSHITOMO NARA NO WAR! 

初回放送終了直後に第2弾の放送が既に決定していたものの後に放送日時が未定になって、その後はしばらくの間、番組の情報が無い状態が続いていたのはこの辺の調整に時間がかかったんでないかなと勘ぐってしまいますね。

チコちゃんの声優は木村祐一さん

さてさて、チコちゃんの声はボイスチェンジャーで加工されて誰が演じているのかは分からないようになっていますが、チコちゃんに叱られる! 思わず関西弁が出てしまうチコちゃん

関西弁を喋ってしまった所を岡村隆史さんに突っ込まれる場面も。

すると、「出てもうた~♪出てもうた~♪関西弁が出てもうた~♪」と突然踊ってごまかしました。こんな表情になってしまっていますが、チラッと覗く八重歯が可愛らしいですね。チコちゃんに叱られる! 踊りだすチコちゃん

番組エンドロールでは、チコちゃんに叱られる!チコちゃんの声

こんな具合にしっかりネタばらしされてますね。

番組出演者にもしっかりクレジットされている通り、吉本興業の木村祐一さんがチコちゃんの声優を務めています。

岡村さんと同事務所の先輩後輩の関係でもありますし、鋭くツッコんだりという役柄から言うと適任のような気がします。

こちらは永野芽郁さんのインスタグラムにアップされた画像。永野芽郁 インスタグラム チコちゃん

画像は永野芽郁Instagramから

3月31日のTGC(東京ガールズコレクション)に「半分、青い。」のシークレットゲストとして出演された際の画像ですが、チコちゃん、永野芽郁さん、志尊淳さんと共に木村祐一さんの姿も一緒に写っていますね。

動画で見る場合はこちら。チコちゃん、永野芽郁さん、志尊淳さんの3ショットでのランウェイ姿。

以下の動画では真横に立つ木村祐一さんがチコちゃんに生アテレコを披露するシーンも。非常に貴重な場面ですね。【登場シーンは3:00ごろから】

レギュラー第4回放送では上記のTGCにモデルとして登場したチコちゃんが「チコニュース」として取り上げられましたね。

会場ではランウェイで「みんな手を振るのは何で?」という疑問を司会役のトレンディエンジェルに投げかけ、ボーっと生きてんじゃねーよ!も生披露していたようです。

そして第11回放送では遂に永野芽郁さんがVTRゲストで登場。天然ボケ発言でスタッフさんの段取りをめちゃくちゃにするという珍展開にもなっていましたね。

スポンサーリンク

木村祐一さんのプロフィール

チコちゃんに叱られる! チコちゃんの声優、木村祐一

画像は吉本興業公式HPから

名前:木村祐一(きむらゆういち)

ニックネーム:キム兄、キムキム兄やん

生年月日:1963年2月9日

身長、体重:168cm、63kg

血液型:AB型

出身地:京都府 京都市右京区

職業:よしもとクリエイティブ・エージェンシー(吉本興業)所属の芸人 

特技:料理 

芸風としては毒のある漫談が有名で、上下関係に関してもかなり厳しく写真の通りコワモテということもあって後輩芸人からはかなり恐れられる存在ですね。

そんな木村祐一さんが本来であれば先輩にあたる大竹まことさんのことをかなりぞんざいに扱っているという点も注目ポイントですね。

特技である料理を活かして料理本の出版も複数行っていますね。

京都市出身という事もあって、関西弁の中でも京都弁と言われる訛りが特徴。

同じく京都市出身の三田寛子さんがレギュラー放送第2回に出演された際には、

「よろしゅうおねがいします。」と京都弁で三田寛子さんに呼びかけるシーンもありましたね。

私生活では結婚を4度経験されており、初婚、2度目は一般の方と入籍されていますが、2005年に2度目の離婚をされた後はタレントの辺見えみりさんと2006年に結婚。

そして結婚から2年後となる2008年には辺見えみりさんと離婚に至っています。

その後、2012年には女優の西方凌さんと結婚し今に至っています。

2016年には妻の西方凌さんが不妊治療の成果もあって第1子女児を出産されています。

特番第3回放送の「なぜおさい銭を入れる?」というチコちゃんの疑問において、「5円(ご縁)がありますように」とおさい銭を入れていると語った岡村隆史さんに「5円で奥さんを娶ろうなんてセコイ!」という痛烈なツッコミを入れていたチコちゃん。

なかなか結婚しない(結婚出来ない?)岡村隆史さんに対して、木村祐一さんは4度も結婚されてますので、そういう意味でも大先輩に当たりますよね。今田耕司さんらと共に独身芸人の小さな集まりである「アローン会」で会合を開いているという岡村隆史さんですが、アローン会を抜け出す日は来るのでしょうか?

実際に2011年のナインティナインのオールナイトニッポンにゲスト出演した木村祐一さんは、なかなか結婚しない岡村隆史さんに2011年の時点で「結婚は早くしたほうがええで。」とアドバイスを送っていました。

そんな木村祐一さんと岡村隆史さんの二人の関係性なんかも番組中でちょくちょく垣間見えるかもしれませんね。

スポンサーリンク

チコちゃんの正体は出演者は知ってる?

そんなチコちゃんの正体については出演者の皆さんは、

「知ってはいるものの明言はしない」

というルールになっているようです。

特番第2回放送ではゲスト解答者の財前直美さんに大河ドラマの「おんな城主 直虎」の話題を振ったチコちゃんが、財前直美さんに「あれっ。直虎で会ったことありません?」と指摘されるというシーンがありましたね。

「会わないよ~?」とこんな表情でごまかすチコちゃん。NHK 第2弾 「チコちゃんに叱られる!」 チコちゃんの正体

画面右下のワイプでは顔の部分は隠されていましたがしっかりと「岩松」の文字が確認できますね。

番組内では隠されていましたがその正体はもちろん木村祐一さん。NHK 第2弾 「チコちゃんに叱られる!」 チコちゃんの正体は直虎の岩松

今川検地奉行、岩松の役どころで「おんな城主 直虎」にも出演されていましたね。

また、特番第3回放送では、

おさい銭の由来について説明するVTR中に顔写真がシレっと使われています。
NHK 第3弾「チコちゃんに叱られる!」2017年12月27日 チコちゃんの声優は誰

この映像を見た出演者は「あれ?」というリアクション。

岡村さんに至っては「出てきた。キム兄が今映りましたよ?」と「キム兄」と明言していましたね。

他にも大竹まことさんにツッコまれたりということもありました。

というわけで、番組内でもチョコチョコとそれとなく触れられていますが、あくまでチコちゃんとして出演者のみなさんは接しており、木村祐一さんの正体については知っているような知らないようなという扱いです。

レギュラー第6回では「なぜ一重まぶたと二重まぶたの人がいるの?」の疑問を解説するVTR中に木村祐一さんのプライベート写真が登場。チコちゃんはその写真を見て笑いつつも「かっちょいい!」と一言。

レギュラー第10回ではあっかんべーの疑問の際に「漫才師の人でデビュー当時に舌を出して宣材写真を撮っている人がいたわよ。」というチコちゃんの紹介で木村祐一さんの23歳当時の写真が登場。チコちゃんに叱られる!木村祐一23歳当時の宣材写真

スポンサーリンク

毒のあるナレーションは森田美由紀さん

例えば、元AKB48のリーダーだった高橋みなみさんに対しては、
チコちゃんに叱られる!ファンから魂を吸い取る

「日本ではアイドルが引退コンサートで無邪気に手を振っていますが、実はこれ、ファンの皆様からファンクラブの会費やCD代だけではなく魂をも吸い取っているのです。」

なんてナレーションでイジられる場面も。

レギュラー第2回放送では「いかにも音楽を知ってます風の方々に聞いてみました。」であるとか、「なぜドレミと言うのかも知らず、やれモーツァルトだ、やれショパンはどうだと講釈を垂れる日本人の何と多いことか。」なんて失礼なナレーションもw

NHKアナウンサーである森田美由紀さんが第1回放送からずっとナレーションを務めていらっしゃいます。

「一年中ポン酢をかけまくっている主婦の皆さん」なんて乱暴な口調で展開されるナレーションも番組の魅力の一つで欠かせない存在となっています。

森田美由紀さんのプロフィール

チコちゃんに叱られる! ナレーション、森田美由紀

画像はNHK公式HPから

名前:森田美由紀(もりたみゆき)

生年月日:1959年11月8日

出身地:北海道 札幌市

職業:NHK 東京アナウンス室 エグゼクティブ・アナウンサー 

趣味:料理 旅、旅の計画を立てる、音楽美術鑑賞、散歩

大ベテランのアナウンサーさんなのでナレーション録りはお手の物といった感じだと思いますが、流石に毒っ気の強いナレーションについては初体験だったようで、かなり戸惑っておられたとかw

森田さんの落ち着いた声で、あえて失礼なナレーションを読んでもらうと皮肉な感じが強調されるようで今後もどんどんお願いしたい所ですね。

NHKということでハッキリと企業名や商品名を出せない事情があるものの、せめてもの報いと、不二家のマスコットキャラクターであるペコちゃんに森田さんがナレーションで声を当てるという悪ふざけも炸裂していたレギュラー第1回放送。

これからのナレーションの暴れ振りも非常に楽しみですね。

スポンサーリンク

陰の功労者?鶴見辰吾さん

番組出演者リストには名前がクレジットされてはいませんが、番組内で度々制作されている再現VTRでは常連の俳優さんの存在が欠かせません。

それが鶴見辰吾さん。

特番第2回放送に出演された際には全国ビスケット協会3代目会長役チコちゃんに叱られる! 再現VTR、鶴見辰吾

さらに特番第2回では健康診断調査研究委員会の衛藤隆さん役チコちゃんに叱られる! 再現VTR、鶴見辰吾02

ちなみに、年を経て座長を務めた際の再現VTRも演じてらっしゃいましたね。

特番第3回では水高プロデューサー役チコちゃんに叱られる! 再現VTR、鶴見辰吾03

レギュラー放送第1回では不二家の創業者でショートケーキの名付け親である藤井林右衛門さん役チコちゃんに叱られる! 再現VTR、鶴見辰吾04

ちなみに岡村隆史さん曰く「よう出てくれはるなぁ。」

チコちゃんも「出た。」とおなじみのと言ったリアクションでしたね。

放送回によっては再現VTRが出てこない回もあるのでその場合は残念ながら鶴見辰吾さんの出番は無いのですが、今後もご出演されるのが楽しみですね。

長台詞を暗記して披露する鶴見辰吾さんがドヤ顔で決めるシーンなんかもあって、鶴見辰吾さんご自身も楽しみながら再現VTRに出演されているのが見て取れるのも魅力の一つですね。

レギュラー第3回では大蔵卿、松方正義役として出演。さらに山西惇さんとのコンビでの出演でした。

第6回では一人四役となって国鉄の営業本部長である主人公の須田さん、会計係、工場長などに扮した鶴見辰吾さん。岡村さん曰く「鶴見さんのプロモーションビデオみたい」。第6回 NHK「チコちゃんに叱られる!」 鶴見辰吾さんの一人四役

フジテレビのコント番組「笑う犬の生活」での「ひとり忠臣蔵」や「ひとり徳川三代」のコントを思い出したのは私だけでしょうか?ウッチャンナンチャンの内村光良さんが演じていたコントキャラクターの大嵐浩太郎のコントシリーズなつかしいですね。

スポンサーリンク

チコちゃんの疑問(雑学)全リスト

チコちゃんから出題された疑問については以下の別記事で詳しくご紹介しております。

【特番第1回:2017年3月24日放送】

ミニコーナー「漢字の書き取り」にいがたぎふ

【特番第2回:2017年8月2日放送】

ミニコーナー「歌の続きを歌ってね」ねこふんじゃった蛍の光

【特番第3回:2017年12月27日放送】

【第0回(特別編):2018年4月7日放送】

【レギュラー第1回:2018年4月13日放送】

【第2回:2018年4月20日放送】

スポンサーリンク

【第3回:2018年4月27日放送】

【第4回:2018年5月4日放送 GW(大型連休)拡大SP】

ミニコーナー「漢字の書き取り」とちぎ

– チコの部屋 –

【第5回:2018年5月11日放送】

【第6回:2018年5月18日放送】

【第7回:2018年5月25日放送】

【第8回:2018年6月1日放送】

ミニコーナー「漢字の書き取り」えひめ

【第9回:2018年6月8日放送】

【第10回:2018年6月15日放送】

ミニコーナー「漢字の書き取り」さっぽろ

略さないで言ってみよう!のコーナー

【第11回:2018年6月22日放送】

番外編

また、次回予告には表示されていたものの、未だに紹介されるに至っていない疑問として、

「お年玉の『玉』ってどういう意味?」という幻のチコちゃんの疑問が存在しています。第3弾 チコちゃんに叱られる! 2017年12月27日

この疑問が番組で紹介される日は来るのでしょうか?

おたより・お手紙 大募集

4月13日からスタートしたレギュラー放送を前に4月7日に放送された「#0」。

エピソード0とも言うべき特別編では、

おたより・お手紙を募集中ということで、

昔ながらの日本家屋のセットに用意された縁側にチコちゃんと岡村隆史さんがツーショットで座り、視聴者からのおたよりを紹介するというコーナーが初放送されました。

テロップでは「ひだまりの縁側で・・・」と表示されていますね。

おたよりの内容はチコちゃんや岡村さんへの質問や、番組への意見、要望なども広く受け付けているようです。

その後の放送では、おたよりの内容について「ご意見、お悩み相談、チコちゃんにやって欲しいこと」なども受け付けていることが分かっています。

特に最後のチコちゃんにやって欲しいことという項目は今後の番組の展開にも関わってきそうなので、もしチコちゃんにリクエストがある人がどんどん応募してみてくださいね。

第11回放送ではチコちゃん直々に「募集してまーす!チコにやって欲しい事とかもね。募集中でーす!」という要望までありましたね。

私の個人的なリクエストでは出張用チコちゃん(※後述)だけではなくチコちゃん自身または岡村さんが外に飛び出してロケする回なども見てみたいですね。

ちなみに、特別編で実際に初めて紹介されたおたよりでは、6才のちこちゃんという視聴者の女の子からいきなり番組へのクレーム(チコちゃんの言葉遣いがちょっと怖い)が紹介されるという意外なスタートになっていましたね。

というわけで、宛先はこんな感じです。

〒150-8001 NHK 「チコちゃんに叱られる」係 宛て

※お名前/ご住所/ご連絡先(電話番号やメールアドレス)をご明記ください。※名前のわきに「5才」と書いてください。

※のような注意書きがついていますが、これはチコちゃんが「チコと同じ、全国の5才のみなさんから、お手紙を募集したいと思います。」「5才って書いてくれれば5才なんでしょう?」という発言をしたことに端を発しています。

チコちゃんの決めたルールに従って、とにかく名前のわきに(5才)と明記するのをお忘れなきよう。

6月1日放送のレギュラー第8回ではこの名前のわきに(5才)と書くルールがあまり徹底されていないおハガキが多く届いている様子を嘆いていた岡村さんとチコちゃん。

みなさん。おハガキを送る際にはこのルール(名前のわきに5才)を忘れないように!!

NHK公式HPには応募フォームの用意がされているようですので、特別編で指定されていたように手書きの手紙ではなくても応募できるようです。

NHK公式HP応募フォームはコチラ

応募フォームも利用できる状態にはなっていますが、今の所は手書きの手紙のみが紹介されているということもあって、岡村さんは恐らく手書きを望んでおられるのかなと思います。

というのも岡村さんが長らくパーソナリティを務めているレギュラーラジオ番組の「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン(ナインティナインのオールナイトニッポンの後継番組)」では前身のナインティナイン時代から手書きのネタハガキにこだわってリスナーからのハガキを募集しているということもあって、手書きに対して岡村さんは強い想いがあるようなんですよね。

番組中にも「ハガキでもらいましょうよ。」「手書きでね。」と強調していた岡村さんでしたが、そんな想いが垣間見える発言だったように感じてします。

とは言ってもNHKのテレビ番組なので普通に応募フォームから送っても紹介されると思いますので一応岡村さんの心情的にということで。

ちなみに、写真を添付して送るとお手紙が紹介された際に、一緒に写真も紹介されるようですね。

今の所はお子さんの写真しか紹介される機会がありませんが、そのうち「5才じゃない5才」の方の写真も紹介されるんでしょうか?ちょっと楽しみではありますw

ちなみにレギュラー放送第4回で採用された手書きのハガキはチコちゃんに叱られる!のロゴをプリントしたりとかなり工夫がされていたようですね。

内容については横書きでビッシリと黒文字で書かれていました。

岡村さんはオールナイトニッポンでも黒もしくは青のボールペンで書いてくれないと読めないとおっしゃっていましたよね。ちなみに鉛筆もNGだそうです。

ということで色鉛筆、ハイライト、蛍光ペンを使って内容を目立たせるのはNGかもしれませんね。

代わりに宛先側に工夫すると目立って採用されやすいのかもしれません。

こちらはご参考までに。

コチラはナインティナインのオールナイトニッポンの公式HPから「ハガキを書くときのお約束ページ」

スポンサーリンク

江戸川の黒い鳥キョエちゃんとは?

「ひだまりの縁側で・・・」コーナーでは黒い鳥のキョエちゃんが登場。チコちゃんに叱られる! 縁側 おたより キョエちゃん

名前:キョエちゃん

生息地:江戸川

鳴き声:バカー!

職業(?):江戸川の黒い鳥(チコちゃんのペット)、手紙の配達係(速達扱い?)

チコちゃんも岡村さんもチラッと言っていましたが「カラス」ですね。

キョエちゃんは特別編ではじっとしているマスコットでしかありませんでしたが、

レギュラー第2回では、羽をパタパタさせる動きと口ばしをパクパクさせる動きが追加されました。

パタパタさせる羽を無理やり掴むと開いた口ばし閉じるという生態(?)があるようです(レギュラー第8回)。

さらに鳴き声は「バカー!」であることも判明。

岡村さんには知らされてなかったようで、動き出したキョエちゃんにビビるというシーンもありましたねw

ちなみにキョエちゃんの定位置は竹製の物干し竿の上。

初めて見た時に感じたのは小松政夫さんが「みごろ!たべごろ!笑いごろ!」の中で披露していたしらけ鳥っぽいなという事。チコちゃんに叱られる! キョエちゃんはしらけ鳥っぽい

敢えて真逆の真っ黒にカラーリングを変えてるんじゃないかな?なんて勘ぐったりもしていますが、そのうち歌まで披露するようになったらいよいよですねwむしろ是非やって欲しいぐらいですけど。

確か岡村隆史さんもラジオ番組内のネタハガキで何度も「しらけ鳥音頭」をかけていたように思いますしね。期待せずにはいられませんw

また、よく見ると縁側のセットの端っこには犬小屋のような小さな小屋も見えていますので他のペットたちが登場することもあるかもしれませんね。

スポンサーリンク

番組公式のLINEスタンプも

「チコちゃんに叱られる! 」ではレギュラー放送決定を記念して、番組特製LINEスタンプが無料でダウンロード可能になっています。

ダウンロード方法はNHKの「チコちゃんに叱られる!」公式HPにスマートフォンからアクセスし、

LINEページのダウンロード画面に移動することでダウンロード可能です。

ちなみにデザインはこんな感じ。チコちゃんに叱られる! 公式LINEスタンプ

配布期間は2018年6月21日まででスタンプの有効期間はダウンロードから180日間となっていますね。

気になる方は是非NHK公式HPにアクセスしてみてください。

NHK「チコちゃんに叱られる!」公式HP

出張用チコちゃん

レギュラー第3回で初登場したのは疑問の解説VTRの中で登場した「出張用チコちゃん」レギュラー第3回 NHK「チコちゃんに叱られる!」出張用チコちゃんって一体何?

スタッフさんが手で動かすことで口だけパクパクする動きになっています。

流石に出張用のチコちゃんはCG処理されたものではないのでぬいぐるみですね。

何となくNHKのハッチポッチステーションのパペット人形を思い出します。

スタッフロールにクレジットされているのは、

キャラクターデザイン:オオシカケンイチ

着ぐるみ造形:服部弘弐

のままで、追加で人形制作などのクレジットは加わっていないので、着ぐるみ造形を担当している服部弘弐さんが出張用チコちゃんを作っているんでしょうか?

「チコの部屋」コーナー

テレビ朝日の長寿番組である「徹子の部屋」っぽいオープニングで始まるのが「チコの部屋」。

レギュラー放送第4回で初登場のコーナーですね。

「チコの部屋」と書かれたボードがかかったドアをゲスト解答者がノックをするシーンからスタートです。レギュラー第4回 GW拡大SP NHK「チコちゃんに叱られる!」 新コーナー、チコの部屋スタート

部屋に入ると机を挟んでチコちゃんがスタンバイ。

部屋はかなりこじんまりした感じ。

岡村隆史さんは手前でゲスト解答者を迎えて着席してもらい、椅子を押してチコちゃんに近づけるのをお手伝い。

ゲストとチコちゃんの足が当たるほどの近さですね。

コーナーの主旨としては「ゲストがボーっと生きていないかチコちゃんが1対1でチェックする」というもの。

チコちゃんから個人面談みたいな感じで疑問が投げかけられる感じですね。

特にVTRで補足情報などはなく、チコちゃん曰く「息抜き」みたいなもの。

当然、答えられないと間近で「ボーっと生きてんじゃねーよ!」とチコちゃんから叱られます。

どのような疑問だったかについては前段でご紹介しているチコちゃんの疑問(雑学)全リストをご参照ください。

コーナーまたぎのにらめっこ

レギュラー第4回からスタートしたのはコーナーまたぎにランダムで差し込まれるチコちゃんのにらめっこコーナー。

チコちゃんの「にらめっこしましょ。あっぷっぷ。」のかけ声でチコちゃんが変顔を披露。

非常に短いコーナーですね。

第6回では特ににコーナーまたぎではなく疑問から次の疑問への場面転換で差し込まれる形で厚化粧をしたチコちゃんが披露されましたね。

第7回ではチコちゃんの疑問の3問目から4問目の間に差し込まれる形に。第6回も同じ箇所だったため、定位置になるんでしょうか?

第9回では第2問目と第3問目の後と2回差し込まれることに。

ミニクイズコーナー?

レギュラー第5回放送ではメインの疑問に付随したミニクイズがチコちゃんから出題されました。

なぜ刑事のことをデカと呼ぶ?というメインの疑問に関連して警察用語(隠語)に関するもので、

「ラジオ」とはどういう意味?や「さんずい」で表現する犯罪とは?など

特に不正解したとしてもチコちゃんから「ボーっと生きてんじゃねーよ!」と叱られることもないので、ホントちょっとしたクイズですね。

また、パイロットが帽子をかぶっているのはなぜ?というメインの疑問にくっ付く形で唐突に始まった「客室乗務員クイズ」なんてものも。

こちらに関しても不正解したとしても特にチコちゃんから叱られることもなく。

今後も続いていくんでしょうか?

略さないで言ってみよう!のコーナー

レギュラー第10回放送では疑問3問目と4問目の間に「略さないで言ってみよう!のコーナー」が差し込まれました。

岡村さんが「何それ急に!」と戸惑っている間にチコちゃんからコーナー説明。

このコーナーでは普段使っている省略された言葉を、略さず正式に書くというもの。

明らかに略していることが分かるような単語ではなく、普段から意識しないで自然と使ってしまっている略語が出題されるようですね。

使用例を紹介するちょっとしたVTRが流れた後に、スタジオの解答者がスケッチブックに書いて解答。

不正解だといつも通りチコちゃんから「ボーっと生きてんじゃねーよ!」とお叱りを受けますね。

正解はチコちゃんから伝えられ、テロップでは補足情報が表示されて一段落。

そのままの流れで4問目の疑問へという感じですね。

今後もちょくちょく差し込まれるようになるんでしょうか?

番組プロデューサーは小松純也

スタッフロールを見ていると非常に気になる名前が目につきました。

それは番組プロデューサーを務める小松純也さんの名前。

小松純也さんと言えば元フジテレビでお仕事されてましたので、こんなテイストの番組を作るのは「らしいな」という感じです。「トリビアの泉」にも携わってらっしゃったんですよね。

ちなみに副題に「Don’t sleep through life !」と掲げられていますがつまりこういう事。チコちゃんに叱られる! ボーっと生きてんじゃねーよ!

セットの背景にも「CHICO SCOLD!」=チコちゃんに叱られるというメッセージが掲げられていたりもしますね。

副題を英語でつけるというのは小松純也さんの好みのスタイルのようで、古くはフジテレビ系列で放送されていた「笑う犬の生活」で各コントに英語で副題がついていました。

タイトルにも「YARANEVA」や「Living As a Laughing Dog」という副題がついています。笑う犬の生活

笑う犬の生活 living as a laughing dog

スポンサーリンク

最後に。第2回は?

※以降は番組の記念すべき初回放送後に記述した内容になっております。番組放送当時の空気感について残しておくため、あえてそのままにしてありますのでご了承ください。

そんな小松純也テイストが散りばめられたこちらの番組はパイロット版との事でしたが、第2回の放送が既に決定しておりますので次回も非常に楽しみです。むしろレギュラー化してもらいたいぐらいですね。

「人と別れるとき、なぜ手を振るの?」。生活の中で本当は気にして当然なのに、なぜか考えたことすらない疑問、実はいっぱいあるんです。そんなユニークな雑学クイズを5歳の小生意気な女の子、チコちゃんが次々と繰り出します。そして答えられなければ「ボーっと生きてんじゃねぇよ!」とチコちゃんに叱られるんです。翌日にはすぐ人に言いたくなるような、驚いて、感心して、くすっと笑える身近な情報が満載の新番組です。

【ゲスト】岡村隆史,田中美佐子,高橋みなみ,茂木健一郎,【アナウンサー】塚原愛,【語り】森田美由紀

出典:NHK「チコちゃんに叱られる!」公式ページ

※既に第2回放送が4月24(月)20:15に決定していますが、現在HPは上記のような簡単な番組紹介しか載っていない状態ですね。

※第2回の放送予定については未定に変更になっているようですね。公式ページにもほぼ情報が無くなってしまいましたので今後の先行きが不安です・・・。

その後、第2弾、第3弾、第4弾が放送されていますので気になる方はコチラの特集ページをどうぞ。

第2弾:NHK 第2弾「チコちゃんに叱られる!」が遂に放送。チコちゃんがプチ整形?

第3弾:NHK 第3弾「チコちゃんに叱られる!」が年末に放送。次回未定はいつまで続くのか?

第4弾:NHK 第4弾「チコちゃんに叱られる!」今回は#0?レギュラー放送決定記念の特別編

 - エンタメ

スポンサーリンク